RSS取得

2014年11月03日

メロンパンの皮だけ売ったら、売り切れ続出!!

 メロンパンのあの固い部分、あの歯につく感じが結構好きなのですが、あのパンの上の部分だけを切り取って焼いてクッキーのようにした商品が発売されました。
 今回、この商品を開発したのは山崎パンですが、結構好評のようです。

メロンパンの皮1.jpg


メロンパンの皮2.jpg


 この、売り切れで食べられないと、なおさら食べたくなるこの感じはいかがしたものでしょうか。(笑)
 関西限定商品だそうで、私の住んでいる関東にも早く商品供給をお願いいたします。


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 21:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

エンジンもキーもない廃車が、2200万円に!!

 前の所有者が亡くなったので譲り受けたという1963年製造の古い車を出品してみたら、1週間で22万6521ドル(約2200万円)の値がついて落札されました。
 しかもこの車、エンジンもキーもない廃車状態からのスタートにもかかわらず。

 
ポンティアック1.jpg


 1963年製 ポンティアック様


ポンティアック2.jpg

 
 さびさびのサイド。


ポンティアック3.jpg


 きっぱりとないエンジン。


ポンティアック4.jpg

 
 
これを5万円で出すなんて、強気すぎだろ。w


 その理由は、「たった14台しか製造されておらず、現存するのはたった3台のみというレース車両、「スーパーデューティ テンペスト ルマン・クーペ」だったからです。

 確かに、14台しか生産していないというのは超稀少ですよね。
 しかもそれが3台しか現存していないところに、今まで確認されていなかった4台目が現れたとなれば、それはもう好きな人はなんとしてでも手に入れようとするでしょう。

 だけどこれ、よく目に留まりましたよね。
 普通、こんな稀少なものがオークションに出るなんて思わないでしょうし、期間だってたったの1週間です。
 やはり好きな人の目に留まって、口コミでうわさが広まったのでしょうか。
 だとしたら、もうちょっと期間を長く設定できればもっと高値がついたかもしれませんね。

 そもそも元の話をたどれば、「何でこんなもん譲り受けたんだよ」と思いませんか?
 だって、キーもなければエンジンもないんですよ?

 「エンジンないんだから、キーいらないじゃん」
 「あっ、そっか」

 って納得できるかー!!

 おそらく元の所有者はこの車の価値を知っていたのではないでしょうか?
 だからこそ、こんな状態であっても保存して譲ったのではないかと思います。
 歴史的にもレアなものが保存されましたし、亡くなったの所有者も車が廃棄されずにこの世に未練もなくなったでしょうし、新しい所有者が思わぬ大金をて、三者ともにハッピーになったというお話でした。
 めでたし、めでたし。

 ソース:らばQ



ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 23:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

トヨタ、取引先へ部品の値下げ求めず。影響する会社、数万社に及ぶ見込み。

toyota.jpg トヨタ自動車は、2014年10月〜15年3月に部品メーカーから直接仕入れる部品の購入価格について、値下げを求めない方針を固めた。これまでは原価改善の協力を求めて値下げに応じてもらっており、一律的な値下げ見送りは極めて異例。トヨタは業績好調の成果を2次、3次の部品メーカーまで還元し、景気浮揚につなげる考え。

トヨタは、直接取引する1次の部品メーカー各社と半年ごとに部品の価格を交渉している。14年4〜9月は賃上げ原資を生む意図を込め、値下げを平均1%を切る水準に抑制。14年10月〜15年3月も同水準で決まっていたが、最近になって値下げしない方針を主要部品各社に伝えた。

 ソース:中日新聞

 厳しい値下げを要求することで有名なトヨタですが、その実、面倒見がよい会社だったりします。
 協力会社に社員を派遣して、原価低減への指導をしたり、長く仕事を発注することで安定した売上を作り、安定した経営につながるようにしたりと、いろいろと面倒を見たりしています。
 だからこその売上23兆円を達成できたというわけです。
 それはそうですよね、「なんだこの野郎」って会社のためにがんばる人はいませんから。
 
 其のトヨタが、自社が日本にもたらす影響の大きさを考えて、賃上げの原資を作ってくれるというのはありがたい話だと思います。
 官民財が一体となって、日本の景気回復に向けて力を合わせる。
 好景気への原動力にならないわけがありません。

 「明るい話、すごい話、景気のいい話」は、非常に小さなブログながらも、こういった話を積極的に取り上げて、少しでも明るい日本を実現するためにお役立ちしたいと考えております。
 サンキュー、トヨタ。


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 20:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

ガソリン、14週連続値下がり=消費増税後の最安値

給油.jpg 資源エネルギー庁が22日発表したレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格(20日時点)は、全国平均で前週比1.4円安の163.9円と、14週連続で値下がりした。消費税増税が実施された4月1日以降の最安値となった。高知県を除く46都道府県で下落した。
 ガソリン価格は、消費税増税などの影響で4月1日に前週比約5円高の164.1円を付けた。その後、ウクライナや中東の情勢不安で7月中旬に一時、169.9円まで上昇した。最近は欧州や中国の景気減速で原油の需要が落ち込む懸念が高まり、値下がり傾向が続いている。

 ソース:時事ドットコム

 このガソリンが安くなる=原油安というのは、シェールガスの採掘が盛んになり、いままで火力発電所で燃やしていた原油からの代替が進んでいるからだそうです。
 それにより、原油の需要減が原油安となり、値下がり傾向が続いているというわけです。
 このシェールガスは2020年頃には天然ガス生産量の50%がシェールガスになると予想されており、アメリカとカナダ以外の国ではほとんど手付かずの状態です。
 特に中国は、アメリカの約1.5倍の36.1兆立方メートルという世界一の埋蔵量を持っており、国内消費量の半分のガスをシェールから生産するという目標を国内企業に課しています。
 つまり、生産はまだまだ始まったばかりというわけです。
 
 じわりじわりとですが、ガソリンが安くなっているのは日本経済へのグッドニュースですよね。
 流通はもちろん、国内旅行も車で行きやすくなります。
 以前麻生内閣で実行した、高速道路週末1000円政策。
 またやってくれたら国内観光への後押しとしてありがたいのではないでしょうか?

 
ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 22:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

2013年の上場企業の広告宣伝費、5兆4480億円(前年度比15.1%増)の大盤振る舞いと判明!!

13年度広告宣伝費.jpg 日経広告研究所は9日、2013年度の「有力企業の広告費」を発表した。

 上場企業2747社の広告宣伝費総額(連結決算ベース)は前年度比15.1%増の5兆4480億円だった。非上場の有力企業を含む3004社の総額は前年度比15.0%増の5兆6171億円となった。

 連結決算の広告宣伝費ランキングは、ソニーが6期連続してトップとなり、4743億円(前年度比33.6%増)。2位はトヨタ自動車で4194億円(前年度比26.8%増)、3位は本田技研工業で2975億円(17.1%増)。

 業種別では、1位が自動車で1兆3518億円(前年度比28.1%増)、2位が電機機器で8685億円(18.5%増)、3位が小売業で8004億円(8.9%増)、4位が食品で4835億円(9.5%増)、5位がサービスで3486億円(6.5%増)となった。

 ソース:アドタイ

 軒並み広告宣伝費が大幅アップということは、各社それだけ景気がよくなると判断したのでしょう。
 実際、上位三位の2014年の決算発表を見てみますと、営業利益がソニー265億(-88.3%) 、トヨタ2兆2921億(+73.5%)、ホンダ7502億(+37.7%)とソニーはディスクメディア製造での減損処理が250億円が発生したことにより大きく営業利益を落としていますが、トヨタ、ホンダは本業の健全さをあらわす営業利益を大きく確保しています。
 ですので、この大きな広告宣伝費は十分にリターンを得たのではないかと思います。
 
 今年の4月に、消費税が8%に上がってしまいましたが、安倍首相も参院本会議で「賃金が毎年しっかり増えていく状況を実現していく」とコメントしており、広告宣伝費増による影響と、賃上げの影響が増税のマイナスの影響を押しつぶしていく好循環となるといいですね。

 (この記事を根拠に投資をされて損失をこうむったとしましても、当ブログは一切の責任を負いかねますのでご注意ください。)

 
ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 00:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

みずほフィナンシャルグループ、11月に今年2回目の賃上。

ベースアップ.jpg みずほフィナンシャルグループが11月に今年2回目の賃上げを実施する方針を固めたことが1日、分かった。グループの全社員約3万人を対象に基本給を一律0.5%引き上げる。労働組合の要求を受けず、経営側が賃上げの方針を決めた。経営側の判断のみでの賃上げは異例で、優秀な人材の確保や社員の活性化を狙う。

 ソース:産経新聞

 この賃上げの背景は、2002年度に巨額赤字を計上した後、大幅な給与カットを実施し、その水準が続いていたこともあり、その埋め合わせといった意味があるようです。
 
 結局は元の水準に戻るといったことなのでしょうが、それでもこういったことをきちんと覚えていてくれて、催促する前に実行に移してくれる経営陣というものは、信頼に値しますよね。

 また、こうしたことができるようになったということは、日本経済が着実に回復に向かっていると判断されたからではないでしょうか?
 ほかの業界もどんどんみずほのベースアップに続いて、雰囲気から日本経済をよくしていってもらえるとありがたいですね。
 
 
ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 21:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

九条ねぎ増産!!ラーメン人気で需要増!!

九条ねぎ.jpg ラーメン人気の影響で、京野菜の九条ねぎの生産が増えている。京都府久御山町内の6農家は昨春、JA京都やましろ久御山支店にネギ部会を発足した。JA京都やましろによる府南部のネギの集出荷の拠点施設が来春、同町中島に完成する。おいしい九条ねぎを出荷しようと若手農家が張り切っている。

 ソース:京都新聞

 はっきりいって、農業は博打です。
 雨が降らない、降り過ぎた。
 霜が降りて全滅。病気になった。天候不順で不作です。
 不作で収入がありません、今度は豊作で値崩れしましたと、農業技術が発達した現代でさえも、そんな理由でよく泣かされているようです。
 
 そんな博打のような農業でも、九条ねぎは価格が安定しているため、作っていて安心感があるようですね。
 しかも、2年で栽培面積を3倍に増やし、株式会社まで設立してしまうほどの好調ぶり。
 ネギ部会長の村田和弘さん(47)のねらいはドンピシャリと当たったようです。
 村田さんは今後、「品質が良く柔らかい九条ねぎを、施設から東京の築地市場などに出したい。料亭で使ってほしい」と意欲的に取り組んでいるそうです。

 ブランド野菜で成功を収めた例もたくさんありますから、京都からネギ長者が現れる日も、そう遠くはなさそうですね。

  
ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 23:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

最低賃金16円UPで、生活保護より稼げるように。

99626421.png 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日、最低賃金の引き上げ目安を全国平均で16円にすることを決定した。各地方の審議会は、この目安をもとに最低賃金の具体的な額を決める。

 BLOGOS

 今回は16円のアップでしたが、来年再来年とどんどんアップしていき、早く真面目に働いている人が報われるようになって欲しいですね。

 
ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

<日銀短観>景況感、大企業・製造業ちょぴっとプラス。

2014_10 DI.png 日銀が1日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、大企業・製造業が前回6月調査より1ポイント上昇のプラス13となり、2四半期(6カ月)ぶりに小幅改善した。

 ソース

 ちょぴっと回復した製造業ですが、16業種のうち7業種でアップと、円安の恩恵を受けた自動車業界が円建て利益がかさ上げされた影響でプラス7ポイント上昇の20ポイントと全体を引っ張っている格好です。
 また、「非鉄金属」も21ポイント上昇のプラス27と好調。

 製造業といえども、円安が不利に働く業種はマイナスですし、非製造業は12業種のうち10業種が悪化していますが、3カ月後の先行きについては、大企業・製造業が横ばいのプラス13、大企業・非製造業が1ポイント高いプラス14を予想されています。
 円安による原料高をうまく吸収できれば、回復はより力強く現れてくるのではないでしょうか?


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 11:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

給与UP↑↑5万6千円増の年413万6千円に!!

給与アップ.jpg 民間企業で働く会社員やパート従業員が平成25年の1年間に受け取った給与の平均は前年比5万6千円(1.4%)増の413万6千円で、3年ぶりに増加に転じたことが26日、国税庁の実態統計調査で分かった。年間を通して企業に勤務した給与所得者数も昭和24年以降最多となるなど、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」効果が現れたとみられる。一方、非正規雇用者の平均給与額は前年比で減少しており、正規雇用者との格差は拡大した。

 ソース

 正規社員と、非正規社員の給与差は開いてしまいましたが、ニュースの続きでは給与所得者数は正規(同1.5%増)、非正規(同5.3%増)ともに増加しています。
 とりあえず、職につけた人が多くなったため、これは、全体のパイが大きくなったと考えてよいのではないでしょうか?
 
 記事では悲観的に書かれていますが、実際中を見てみますと、平均給与は正規の473万円(同1.2%増)に対し、非正規は167万8千円(同0.1%減)となっており、非正規の給与が減ったとしてもこれは誤差のようなもので、そう悲観することはないと思います。

 業種的にも、不動産業・物品賃貸業(406万4千円、同8.7%増)、建設業(450万6千円、同4.6%増)は大幅に伸び率を上げており、政府が公共事業に予算をつぎ込んで景気回復の後押しをしている効果が出てきていると考えられます。
 また、2020年のオリンピックまで、公共、民間の建設ラッシュが続くことが予想されますので、不動産、建設業の給与アップは力強さを増していき、それが他業種によい刺激を与えるという好循環が続くことが予想されます。
 このまま一気に、好景気の歯車を回し続けてほしいですね。


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 00:35| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

イケア、スターバックス、パートや契約社員を正社員化!!

ロゴ.jpg イケア・ジャパンは4月16日、パートタイマー、フルタイマーといった雇用形態を原則廃止し、正社員制度に統一すると発表した。

 ゴールデンウィーク、お盆、クリスマスといった繁忙期の臨時雇用を除き、全従業員を正社員化する。3400人の従業員の内、約7割がパートタイマーとなっており、9月を目途に、正社員化する。

 流通ニュース

 スターバックスコーヒージャパンは4月1日から約800人いる契約社員のほぼ全てを正社員にする。2015年3月期から出店拡大を急ぐ考え。店長を担える人材の育成が課題で、即戦力である契約社員を取り込む。正社員にすることで待遇を改善し従業員のやる気を高める。

 日経新聞

 このニュースは両方とも、2014年のニュースです。
 スターバックスはすでに、イケアは9月にこの約束をしっかり守ってくれて、正社員化してくれました。
 パートや契約社員といった不安定な立場から脱却させることで、よりがんばってくれることを狙いとしたものです。

 昨今、ワーキンブプアや、人の使い捨てといったことが叫ばれている中、働く人をを大事にしてくれる企業というのは本当にありがたい存在ではないでしょうか?
 イケアさん、スターバックスさん、日本人を大切にしてくれてありがとう。
 この改革が、双方にとってよい結果をもたらしてくれるといいですね。

 追伸
 このブログは、「明るい話、すごい話、景気のいい話」を集めて皆さんにご紹介することで、日本を少しでも明るくしようと考えております。
 ですので、大きく昇給をした会社や、正社員を多くとった会社などをどんどん取り上げて、褒め称えていこうと考えております。
 このブログを呼んでいる皆さんも、そういった話がありましたら、ご紹介いただけると助かります。
 一緒に日本を明るくしていきましょう。


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 21:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

フォアグラ激安国家、その名はハンガリー!!

fl38Zy57SOmJo-0.JPG 世界三大珍味、トリュフ、キャビア、フォアグラ。
 このうち、レストランで食べると数千円から数万円も取られるフォアグラが、200円で食べられる国がある。
 その国の名はハンガリー。
 なぜそんなに安いのかというと、世界有数のフォアグラ産国だから。
 さらに、基本的な物価が日本の半分くらいなんだそうです。
 だから、安さに拍車がかかるというわけです。
 私がネタ元にしたブログの筆者は、フォアグラと安い酒をたらふく飲んだ挙句に、一月で7kgも太ってしまったそうです。
 しかも、中世にタイムスリップした錯覚に陥るほど、街がよく保存されており、筆者が一月で7kgも太ってしまったのは、この街が気に入って一月も滞在してしまったからというわけです。
 というわけで、フォアグラも安ければ物価も安、おまけに街並みも美しい、穴場とも言えるハンガリーにぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 ソース:知る蔵


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 21:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

天から降って湧いた幸運。

 アメリカで、ナッツを積んだトラックが横転するという事故が起きました。
 その2週間後・・・

 
2896be98.jpg


でぶーん


 よかったね。(^^;;)


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 17:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

みんなー、大手町から温泉が出たぞー。(^^)/

 大手不動産会社の「三菱地所」は、日本のビジネス街の中心である東京・千代田区大手町の地下から温泉を採掘したと発表しました。
今後、オフィス街で働く人や6年後の東京オリンピックに訪れる外国人観光客などを呼び込みたいとしています。

 ソース

 実はあまりそういったイメージはないのですが、東京は1000メートルから2000メートル掘れば温泉の出る場所だったりします。
 ですからこのニュースは決して珍しい話ではないのですが、温泉が出たと聞けばわらわらと人が集まってしまう国民性の日本人。
 出たと聞いて黙っているわけにはいきません。

 何でもこの温泉、2年後の春の完成を目指して、31階建てのオフィス棟と18階建ての宿泊棟のが建設される予定で、どう考えても仕事の後の一風呂以外考えられません。
 中にはフィットネスジムや、日本旅館も入るそうなので、需要とイメージ的にもピッタリだし、6年後の東京オリンピックに訪れる観光客をおもてなしすることも視野に入れての採掘だったそうです。
 また、災害時には救助活動に携わる人や、ボランティアにこの温泉を開放してくれるそうです。
 災害は来ないに越したことはありませんが、その時は救助活動のスタッフたちを癒してくれることと思います。

 温泉一つでここまで盛り上がれる、風呂好きの日本人でよかったと思えるニュースでした。


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 20:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

曽祖父の話

 これは私の曽祖父の話なので、明治中期くらいのことです。
 どのような経緯があったかわからないのですが、曽祖父は、川で溺れている庄屋さんの跡取り息子を助けたことがありました。
 そのことに大変感謝した庄屋さんは、

 「よし、お前を一生酒と炭に困らないようにしてやる」

 といって、約束通り曽祖父の生きている間ずっと、ただで酒と炭をくれ続けたそうです。
 昔話に出てきそうな、なんとも太っ腹な話ですね。


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 23:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

5月の有効求人倍率が1.09倍!!バブル崩壊以降で最高に。

 有効求人倍率は18ヶ月連続で上昇し、5月の有効求人倍率が1.09倍となった。
 これは、バブル崩壊以降、過去最高の数字だ。

 都道府県別では、トヨタ自動車のある愛知県が1.57倍で最も高く、それを裏付けるように製造業が同12.2%増となっている。
 
 厚労省は、「堅調な自動車産業による他産業への波及効果や、復興需要と公共投資の増加などの影響で、製造業を中心に求人数が増えたことが、全体を押し上げている」と判断しているとのこと。

 参考:消費者物価5月は3.4%上昇し32年ぶりの伸び

 読売新聞

 有効求人倍率の上昇の他に、日銀も「人手不足を背景とした需給ひっ迫による物価上昇が継続との判断」を示しており、堅調な需要の後押しと、人手不足の好循環が生み出されているようです。
 8月には、韓国、中国の崩壊もささやかれており、その影響で株式投資をしている方たちは油断はできないでしょうが、堅実に製造業で息を吹き返している日本には関係のない話です。
 堅実にコツコツと預貯金を積み上げ、技術を蓄積させていくという王道とも言える日本人の性質が花開く時代が来ると私は考えています。

 
ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 14:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

アメリカで、溶接工の年収がなんと1400万円に!!

 アメリカで、溶接工の年収跳ね上がってきています。
 理由は、景気回復とベビーブーム世代が退職することによる人手不足。

 今までは、高収入で知名度の高い企業などへの就職できるチャンスのある4年制大学に進学する高卒者が増える一方、 10年以上にわたって人員削減が進められてきた製造業への就職は敬遠されてきました。
 そこに需給ギャップが生じたわけです。
 
 工場などの技能労働者の求人は2015年までに5倍に急増し300万人に達するとみられ、道路の建設、天然ガス増産に伴う石油化学プラントの増設など、仕事はいくらでもあり、売り手市場になっているそうで、マウンテンビュー・カレッジの溶接プログラムの責任者、デウェイン ・ロイ氏によれば、機器を保有する溶接作業員は時給70ドルの場合もあり、週に40時間、年間50週勤務すれば年収は14万ドルに達することになるとのこと。

 ソース

 1400万円というのは、機器を保有する条件付の話なのですが、条件を達しさえすれば手にすることができるというのがすごいですよね。
 1400万もらえるなら、何のためにしたくもない勉強我慢して大学いったんだと思い始めてしまいました。

 現にトヨタ自動車の本社のある豊田市では、大卒と高卒の生涯年収の差が3000万円くらいになっていると聞いたことがあります。
 これはトヨタに勤めているかどうか、現場か事務かといった差もあるとは思うのですが、3000万の差でしたら、無理して大学に行かせることもないんじゃないかという気がします。

 アメリカで起きたこと(システムや流行など)は数年後に日本でも起きるといわれていますが、この高賃金も日本で起きてほしいものですね。


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 23:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

宝くじ定期預金で7億円が当たる!!

 宝くじ付き定期預金というものは以前からありましたが、寡聞にしてあたったというのを聞いたことがありません。
 が、今回ついに京葉銀行の「ジャンボ宝くじ付定期預金」で、7億円の当選者が出ました!!
 この定期預金は、100万円預けるごとに3年間、毎年5枚の宝くじがもらえるというもの。
 今年の2月に、1等+前後賞の当選者が出たことを発表すると、問い合わせが殺到。
 それに応えて、7月1日から取り扱う「サマージャンボ宝くじ付定期預金」の募集上限額を、これまでの250億円から500億円に倍増することにした。
 取り扱いの締め切りは9月の末までで、預入上限は一人3000万円までとのこと。
 みんな、二匹目のドジョウを狙え!!

 ソース

 
ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 23:17| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

千葉県富津市で、空豆が豊作。

 千葉県富津市で、空豆が豊作。
 取引先と一緒に畑仕事に精を出している、70歳某男性によると、「去年は壊滅的にダメだったが、今年は山のようにとれた」そうです。
 ソースは、うちの親父。w

 このネタは手抜きではない。
 繰り返す、このネタは手抜きではない。w


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 23:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

アイスが馬鹿売れ、19年ぶりに過去最高を記録。!!

 2013年度のアイス類の売上が、過去19年ぶりに過去最高を更新し4300億円を超えた。
 理由は、猛暑に加え、冬場にもアイス類が食べられるようになったことと、景気回復による財布の紐が緩くなったこと。
 それに加えて、各社工場をフル稼働させて商品の供給に努力したことが大きい。
 この状態は2013年度だけでなく、4年連続で4000億円台を維持しており、冬の需要増の下支えにより、堅調に推移していくだろうとのこと。

 ソース

 やっぱり夏は暑い、というのが自然の摂理であり、経済活動にも好影響なんですね。
 今度は、「冬は厳冬で、衣類の売上が好調!!」というニュースが来るといいですね。



ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 12:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする