RSS取得

2016年12月09日

「ふるぽ」で年末を幸せに!!

 みんな、ふるさと納税してますか?
 「ふるぽ」でふるさと納税すると、納税額に応じてポイントがもらえてそのポイントで各地の特産品がもらえます。
 みんな、「ふるぽ」で年末幸せになろう!!

( ´∀`)<  ふるぽ、ふるぽ。
         ふるぽ、ふるぽ。
         ぬるぽ、ふるぽ!!

   ( ・∀・)   | | ガッ
  と    )    | |
    Y /ノ    人
     / )    <  >__Λ∩
   _/し' //. V`Д´)/
  (_フ彡        /

 ふるぽサイト。
 確定申告されていない方は、こちらを要チェック!!

 この制度、もらえる商品ばかりに目が行ってしまいますが、地方にお金を回し、産物を知ってもらうという点で非常に優秀な方法だと思うんですよね。
 値引きはその瞬間しかうれしくありませんが、品物はずっとうれしさが残ります。
 幸せを振りまく、非常にいい政策ではないかと思います。
 皆さんも是非参加してみましょう!!

 ちなみに私は、網走のエミュー肉と、高知県芸西村の鴨肉をいただきました。
 ご馳走様です。
posted by daichan at 02:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

日本、レアアース9900年分を発見!!

EEZ.jpg 日本のEEZ(排他的経済水域)で、9900年分(約15万トン)のスカンジウムがあることを、東京大の加藤泰浩教授らの研究グループが確認しました。
 スカンジウムはアルミニウムに0.5%ほど混ぜますと軽いままで著しく強度を高めることができ、さらに融点が800℃も上昇するため、溶接しやすくなるというメリットがあります。
 しかもお値段、1kgあたり、5100ドルもするという高価な金属だったりします。
 これは金の1/8弱の価格であり、それだけ見てもかなり高価なものだということがお分かりいただけるかと思います。
 ただ、存在している場所が小笠原諸島・南鳥島沖の海底という採掘が困難な場所でありますが、日本のEEZは世界第六位の447万kuもあります。
 採掘の技術さえ確立すれば、資源立国として食べていける光名が見えます。
 そんな明るい未来を早く見たいものですね。
posted by daichan at 00:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

ワラビスタン、クルド人清掃隊。

 私が住んでいる町、蕨(わらび)市は、最近イスラム系の人が多く移り住んできていて、ワラビスタンという異名をとっているそうです。
 そんななか、今日、駅前でクルドと書かれた服を着た濃い顔の人たちが、ごみ拾い前のミーティングをしていました。
 彼らなりに、日本人に認めてもらおうと活動をしているんですね。
 少し心が温かくなった、出来事でした。
posted by daichan at 22:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

楽しいハロウィンは終了してしまいましたけど・・・

 楽しいハロウィンは終了してしまいましたけど、バーガーキングではマクドナルドに変装するジョークを披露したみたいです。

バーガーキング1.jpg


バーガーキング2.jpg


バーガーキング3.jpg


 パッケージまで変えてしまうあたり、かなりの力の入れようです。

 一見ただの布をかぶせただけに見えるかもしれませんが、この布、結構な値段がすると思います。
 
 1993年に、不景気の中、大人気となったJリーグにかけてとしまえんが「うらやましいぞ、Jリーグ」と書かれた長さ50mくらいの一枚布をビル(だったような)からたれ下げるというCMを打ったことがありました。

 この布の代金が300万円でした。(電波少年で「松村のも作ってほしい」とお願いしに行ったときの広報の人談)

 ですからこのハロウィンジョーク、かなりお金がかかっています。

 ここまでやってくれるのでしたら、私なら思わず買いに行ってしまいますね。
 
 そうしたら、カウンターでロナルドの扮装をした殺人ピエロがお出迎え・・・ 

 ソース:CNET

posted by daichan at 12:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

絶滅していたと思われていた、九州ツキノワグマが生きていたかも!!

 去年の話で恐縮なのですが、環境省の環境カウンセラーの栗原智昭さんが、大崩山の中腹付近をで体長50〜60センチの野生動物1頭がいるのを見つけました。
 九州ツキノワグマはアナグマとよく間違われるそうですが、彼女はアナグマをきちんと知っていて、それとは違うと話していたことなどからその信憑性は高いと思われます。
 発見、保護から繁殖にまでつなげられるといいですね。

 ソース:カガクニュース隊様。
posted by daichan at 13:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

大隅良典、ノーベル医学生理学賞を受賞!!

 東京工業大栄誉教授の大隅良典氏(71)が、授与すると発表。
 生物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象を分子レベルで解明し。
 この働きに不可欠な遺伝子を酵母で特定し、生命活動を支える最も基本的な仕組みを明らかにした。

 ソース:毎日新聞

 このオートファジーは、がんや老化の抑制にも関係していることが判明しているそうで、人類の夢である不老不死にたどり着く出発点になるかもしれませんね。
 受賞、おめでとうございます。
posted by daichan at 13:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

管理人、ポケモンGOで人生初カビゴンゲット!!

 職場の植え込みに寝ているカビゴンを発見!!
 即ポケボールをぶつけ、人生初カビゴンゲット!!

カビゴン38.PNG


 あんまり強くないカビゴンだけど、ずっと大事にします。^^
posted by daichan at 22:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

中国人サポーターが、自主的にサッカー場の清掃を!!

tyuugokujinnsapo-ta-.jpg2016年9月1日、サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国対韓国の試合後、中国のサポーターが会場のごみを拾う光景が韓国人を驚かせた。

韓国のホームで行われた試合は、前半に韓国が先制ゴールを挙げると、後半にも2点を追加して3?0とリードした。しかし、諦めない中国はそこから2点を奪い返し、意地を見せる。結局、試合は3?2で韓国の勝利に終わったが、この試合のハイライトはそこからだった。アウェーの地に駆けつけた中国サポーターが、スタンドに残されたごみを拾ったのだ。この光景に、韓国の警備員も驚きの表情を浮かべていたという。

中略

中国サポーターのごみ拾いは過去にも報じられており、国内リーグの試合や、昨年1月のアジアカップの試合などで、スタンドのごみを拾う姿が見られている。

 ソース:Record China

 やるじゃん、中国人。(^^)b

 これが習慣づいてきて、観戦後にごみを拾う行動が世界に広まるといいですね。
posted by daichan at 03:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

消費税が減税されるかも。

 民間シンクタンクの独立総合研究所代表取締役社長である、青山繁晴氏の話によりますと、増税中止と、さらに一歩踏み込んだ減税の話をしています。

 青山氏は、「推測の類はしない」「当事者に直接、それも複数」聞いて、最終確認もしてこの発言をしているそうです。
 ただ、減税増税の話が財務省につぶされてしまうと、この話はぽしゃってしまうそうですが、氏はかなりの自信を持ってこの発言をしているようです。


 増税中止の話は1:55あたりからです。
 減税の話は5:20あたりからです。
 

 失礼ながら、消費税減税という話は、かなりの大穴ですよね?
 「たぶん無理じゃないかなー」、と思いつつも、それでも聞いているだけでうきうきしてくる話ではないかと思います。

 でもですね、ここで一歩話を進めて

この与太話(失礼)を本当にしてしまえたら

 楽しいと思いませんか?

 やり方は簡単。
 ツイッターやブログ、口コミありとあらゆる手段でこの与太話を広めてしまうのです。

 国民が当然のようにこの話を知っていて、それを待ち望んでいる状況を作ってしまうのです。

 青山氏の話によりますと、安倍首相は消費税増税に実は消極的だそうで、それでも増税すると公約しそれを撤回するからには、選挙で民意を問わなければならないそうです。

 確かにおっしゃるとおりです。
 公約を掲げて選挙に勝ちながら、勝手に反故にされては、何のために選挙をしたのかわかりませんからね。
 衆参同時選挙がささやかれている中、国民は減税を待ち望み、政治家は公約に減税を掲げる。
 勝ちは約束されたようなものですよね。
 喰らいつかないはずがありません。

 確かに細い細い糸のような可能性ですが、職場や学校で話のネタにしてみてはいかがでしょうか?
 場が明るくなる、いい話題だと思いますよ。
posted by daichan at 02:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

パラオからSOS。水不足で、日本と台湾に支援要請!!

 4/4、パラオ政府は完全な断水状態になるということで、日本と台湾政府に支援を要請しました。
 エルニーニョ現象により、同国は旱魃被害にあっており、このままだと2-3週間で完全な断水状態になる可能性があるそうです。
 この要請を受け、日本国政府は国際協力機構(JICA)を通じ緊急援助を実施することを決定しました。
 国旗も日本の太陽を受けて輝く、月をデザインしたという親日国パラオ。(公式ではないそうです。)
 今回は外務省が迅速に動いたようです。GJ!!

posted by daichan at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

絶滅してたカエルを140年ぶりに発見!!

Frankixalus jerdonii.png 木の中で繁殖し、自ら産んだ卵でオタマジャクシを育てる奇妙なカエルがおよそ140年ぶりにインドの北東部で再発見された。
 このカエルが最後に記録されたのは1870年で、絶滅したと考えられていたが、2007年に開始した3年にわたる調査で科学者らが発見した。

 ソース:ヤフーニュース

 このカエルが再発見されたのは、はじめに見つけられた場所で絶滅し、その後調査がまだ及んでいなかった地域に調査の手が伸びることにより、再発見されたというものです。
 こういった再発見なら、この種が再び絶滅の危機に瀕するということはあまりないでしょうから、絶滅したというのが杞憂でほんとうによかったですよね。
posted by daichan at 13:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

コミケ89当選しました。

 コミケ89当選しました。

 シルバーほびっと
 木西ゆ42a

 です。
 新作は、「恋の矢を射るキューピッド」です。
 お楽しみに。
posted by daichan at 13:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

全員サングラスで合唱、その訳は・・・

宮古島高校合唱祭.png 沖縄県宮古島市にある県立宮古高校。先月行われた合唱祭で、3年生のあるクラスが「全員サングラス姿」で歌いました。格好つけたかったわけではありません。クラスには子宮頸(けい)がんワクチンの副反応とみられる症状で光に敏感になり、サングラスが手放せない仲間がいます。「1人だけサングラスは嫌だろうと思って」。一緒に舞台に立つために、クラスメートが提案して実現しました。

 ソース:withnews

 練習後に、この子がこぼした「サングラスで本番出るのは嫌だな」との言葉にみんなが動きます。

 「じゃあ、みんながサングラスで出たらいいんじゃない」
 
 その一言がきっかけとなり、みんなが自前でサングラスを用意し、合唱祭で歌うという運びとなりました。

 このことで先生がしたことは、サングラスをつけるということを、学内で事情説明に回っただけ。

 一人だけサングラスをつけるというのは変だし、妙に目だってそれが嫌だという彼女の気持ちを、クラスメートがしっかりと理解していたのでしょう。
 
 合唱際が終わった後、彼女に「ありがとう、おかげで一つになれた。最高のクラスになったね」との言葉に、彼女は「この一言で、大変だったことが全部チャラになった」と思ったそうです。

 これから彼女は学校を休んで治療に専念するそうです。

 クラスの次の目標。

 「みんなで一緒に卒業する」

 みんなが彼女を待っています。

 早く副反応が治るといいですね。


posted by daichan at 23:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

大村智・北里大特別栄誉教授,ノーベル医学生理学賞を受賞!!

 大村智氏が寄生虫病から救う特効薬イベルメクチンを開発。
 世界保健機関(WHO)はメルク社の協力を得て、アフリカなど寄生虫病に苦しむ地域にイベルメクチンを無料配布し、10億人以上に提供されました。
 WHOによると、西アフリカでは02年までに少なくとも4000万人のオンコセルカ症の感染を予防したと推計、象皮症でも53カ国でイベルメクチンなどの集団投与が進められており、20年までの制圧も視野に入ってきているそうです。
 WHOが無料配布できたのは大村氏が、薬の使用料を放棄したから。
 その金額は250億円。
 かっこよすぎです。
 250億、ぽんと寄付できる人になりたいですね。
posted by daichan at 13:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

猫の恩返しで、廃業の危機を脱出!!

招き猫.jpg 大分県由布市の温泉宿、「オーベルゼ・レ・ボー」は、猫たちが出迎えてくれるというかわいいサービスがウリの宿。
 計6匹いる猫たちの接客はお出迎えだけにとどまらず、部屋に出入りして宿泊客と遊んだり、朝の散歩のお供をしたり、就寝時にはベッドに上がって「添い寝」までしてくれるという、猫好きにはたまらないサービスをしてくれるそうです。
 特に訓練はしていないそうで、きっかけは猫嫌いのお客様の苦情を受け、逆に猫好きのお客様しか宿泊を受けないようにしたことが奏功したようです。
 つまり、猫好きの人しか来ないため、猫はより人懐っこく、人懐っこいからリピーターが来るという好循環となっているというわけです。
 そもそもこの猫たちは、飼い猫のほかに元野良たち。
 もしかしたら彼ら流の恩返しなのかもしれませんね。
 
 ソース:朝日新聞DIGITAL
posted by daichan at 13:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

「ねこあつめ」が海外で人気!!

ねこあつめは、庭先にえさとおもちゃを置き、ねこが寄ってくるのを待つだけの“放置”ゲーム。えさやおもちゃの種類によってさまざまなねこが遊びに来てくれ、庭がねこだらけになる。ユーザーインタフェースの文字はほとんどが平仮名で、メニューはイラストアイコン付き。おもちゃやえさは画像から選ぶことができ、操作に迷いにくいつくりになっている。

 累計ダウンロード数(iOS/Android)は500万。ここ最近のダウンロードは約3〜4割が海外からという。アジア圏のユーザーが多く、最も多いのは中国から。北米(米国・カナダ)のユーザーも中国に匹敵しており、アジア圏では中国に次いでタイが多いという。

 ソース:ヤフーニュース

 世界中の人も、やっぱり猫が好きだったんですね。
 ヒマラヤンや、ペルシャ、スコティッシュフォールドなど、世界中にいろいろな種類の猫がいることから、好きなんじゃないかということは察せられますが、直接猫好きの人の顔を見たわけではないので、何かもやもやしたものがありました。
 きっとこのゲームをしている方も、私のように、野良猫に「チッチッチ」とか呼びかけてもあえなく無視されたり、遠回りしてはっきりとこちらを避けて通り過ぎられるというような経験をしていると考えると、非常に親近感が沸きます。

同志よ!!w


 失礼、私、思わず取り乱してしまいました。
 この"ねこあつめ"は、庭におもちゃを置いておくだけで猫が集まってきてくれるという、ペット禁止のマンション暮らしに人には、猫成分を補給できるすばらしいゲームです。
 ぜひ日ごろ、猫を思う存分モフりたいと考えている人はダウンロードしてみてはいかがでしょうか?
posted by daichan at 21:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

キスで自殺を思い止まらせる。中国で本当にかっこいい女性が登場。

劉文秀.jpg 中国の広東省深セン市で、飛び降り自殺を図ろうとしていた少年に通りすがりの少女がキスをして自殺を思いとどまらせるという出来事が起きた。少年の彼女と偽って「勇気ある行動」に出た聡明な少女に注目が集まっている。中国網が伝えた。

 6月11日、同市内の歩道橋で16歳の少年が飛び降りようとしていた。その様子を目撃した19歳の少女は、少年の彼女であると周囲に偽って少年に接近、説得を始めた。ほどなく、少女は少年を抱きかかえてキスをするという大胆な行動に出た。突然見知らぬ女性にキスをされた少年は自殺を思いとどまり、消防隊員に救助された。

 ソース:サーチナ

 女性にこういうことを言うのは褒め言葉ではないかもしれませんが、男性の私はあえて言います。

 男前すぎでしょ。

 
 颯爽と現れて、少年にキスして問題解決。
 格好良すぎるにも程があります。
 
 少年は、家庭への不満から自殺を考えたそうですが、彼女もまた、生活苦で自殺を考えたこともあったそうです。
 彼女もまた、同じ苦しみを経験していたのかもしれません。
 ただ、その苦しみを他人に向けずに、人助けに向かわせることができる。
 正義の味方とは、こういう人のことを言うのかもしれません。
 
 彼女は同市内のホテルでフロント業務をしていて、そんな彼女を一目見ようとお客さんが詰め掛けたり、多くのホテルから「引き抜き」のオファーも舞い込んでいるそうです。
 少年だけでなく、彼女も幸せになって欲しいですね。
posted by daichan at 22:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

サンキュー、中国。日本人をイエメンから移送=脱出支援の外国人279人に−中国軍艦。

 新華社電によると、混乱の続くイエメンからの避難支援に当たっている中国海軍の補給艦「微山湖」は7日、日本人1人と中国人9人を乗せ、イエメンのソコトラ島からオマーンのサララ港に到着した。

 中国メディアによれば、この日本人は旅行者という。中国人9人のうち7人はソコトラ島で医療支援に当たっていたチームで、残り2人は旅行者。独特の生態系を持つソコトラ島は世界遺産として登録され、観光地として知られる。
 
 ソース:時事ドットコム

 歴史問題での上から目線の態度や、尖閣諸島問題で強引なことをして日本の反感を買っている中国が、日本人を助けるなんていったいどういう風の吹きわしかとおもいきや、これが人道救助というやつなのですね。
 何か裏でもあるのかと、穿った見方をしてしまいましたが、日本政府もきちんと中国政府に謝意を伝えたそうで何よりです。
 菅長官によると、中国側が日本人旅行者に同乗するよう申し出たとのこと。
 サンキュー、中国。(・∀・)bグッジョブ!!
 

ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 22:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

日本超平和伝説。

 イスラム過激派組織、ISILのtwitterにアニメキャラの画像を送りつけて、「どの娘がタイプ?」と聞いたやつがいるらしい。
 それに対してISILは、「なめとんのか」と返信。
 返事返してくれるなんて、律儀な人たちだねと、みんなでほのぼのしている模様。w
posted by daichan at 01:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

うんちは本当は金の山?プラチナや銀も採れるらしいぞ!!

砂金.jpg 人間の排せつ物には金などの希少な金属が含まれており、金額に換算すると数億ドル(数百億円)の価値に相当する可能性があるという研究成果が、米コロラド(Colorado)州デンバー(Denver)で開かれている第249回米国化学会(American Chemical Society、ACS)大会で発表された。

米地質調査所(US Geological Survey、USGS)のキャスリーン・スミス(Kathleen Smith)氏が属する研究チームは、処理済みの排せつ物の中からプラチナや銀、金などの金属を発見した。金の含有量は、採掘の採算が合う最低限の鉱床と同じくらいの水準だったという。

同じ分野の別の専門家グループが行った最近の研究では、米国人100万人の排せつ物には、1300万ドル(約15億円)に相当する金属が含まれている可能性があることが発見されている。

これらの金属の抽出方法が発見されれば、採鉱の必要性や環境への金属の放出を減らすことも期待できるという。

 ソース:AFP

 さすがうんち、違う業界では伊達に"黄金"などと呼ばれていません。
 このリサイクルに成功すれば、新たに金鉱の開発など、環境に悪影響を与えるところに手を出す必要がなくなり、自然にやさしくなれることが期待できます。

 長野県でも、上流に金メッキ工場のある川の下水処理場の汚泥を処理したら、4000万円ほど金が取れたと聞いたことがあります。

 採取する方法はまだ確立されていないとのことですので、上記の長野県の例が参考になるのではないでしょうか?

 また、日本の田畑は肥料として、人糞を何百年もまき続けてきています。
 もしかしたら、つもり積もって高い含有率があるのかもしれません。

 貴金属というものは、人の心を沸き立たせる力がありますよね。

 「明るい話、すごい話、景気のいい話」は、採算の取れるリサイクル事業を応援します。


ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 23:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あかるい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする