RSS取得

2017年11月03日

ピラミッドに、未知の空間を発見!!

 エジプトのピラミッド内部に長さ30メートル以上に及ぶ未知の巨大空間が存在することを、日本とエジプトなどの国際研究チームが素粒子を使った調査で突き止め、英科学誌ネイチャー電子版に2日、発表した。未盗掘とみられ、当時の遺物が残されている可能性もある。

 ソース:産経ニュース

 新しい空間が見つかったピラミッドは、かの有名なクフ王のピラミッドで、ピラミッドといえばまずイメージされるのがこのピラミッドではないかと思います。

 それだけに調べつくされていたと思われるのですが、まだ秘密があったということにびっくりです。

 今回どのようにして見つけたかといいますと、上空から降り注ぐ「ミュー粒子」と呼ばれる素粒子を観測したそうです。

 この素粒子は、物質を通り抜ける性質があり、その通過した素粒子数を調べることによって、内部の様子がわかるという仕組みだそうです。

 この方法で、いままでにいろいろな空間が発見されていますが、結局なかには何もなかったり、単に充填材が埋まっているだけだったりというように、空振りも数多くあったようです。

 ですが、今回は、長さ30m以上に及ぶ非常に大きな空間です。

 ご存知でしたか?

 クフ王のピラミッドは、盗掘された痕跡がなかったことを。

 これは、9世紀にアッバース朝第7代カリフである「マームーン(アル・マムーン)」が調査を行っており、その時の調査では「これまで盗掘された形跡が無い事」と、「内部にはほぼ何も無かった」事などが記録されています。

 もしかしたら、この空間にお宝が眠っているのかもしれません。
 
 それに、金銀財宝だけがお宝ではありません。

 その当時の記録もまた、貴重な資料となるわけです。

 実は、ピラミッドの用途は必ずしもお墓というわけではなく、その使用目的自体も謎だったりします。

 これだけ大きな空間なら、もしかしたら部屋に、その手がかりとなる文書がしまわれているかもしれない。

 そう思うと、いやが応にも、期待してしまいますよね?
posted by daichan at 22:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | すごい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: