RSS取得

2017年10月18日

中国のミツバチ、超怖い。

 ネットゲームで知り合った方と、チャットをすることになりました。

 グーグル翻訳などを使いながら、たどたどしくも何とか意思の疎通ができました。
  
 このブログのネタ探しということで、こちらから、話を振ってみました。


 なんでも、ヒアリかもしれないアリを見つけた方がいらっしゃって、写真にとってヒアリ警察に鑑定を依頼したそうです。

 その結果、それはヒアリではなく、

 「研究者が一生かかっても会えないかもしれない、アリモドキバチのメス」

 だったそうです。

 写真も標本を撮影した2種類しかなく、鑑定した方は大興奮。
 
 「専門家に渡してあげてほしい」とツイッターを送ったものの、すでにティッシュにくるんで捨ててしまったという無慈悲な返事。

 「余裕があったらゴミ箱から探して・・・」
 
 と、理性を保ちながらの懇願。

 結局そのヒアリは見つかったのかわかりませんが、マニアですら知らないような、レアな昆虫だったそうです。

 ソース:俺的ゲーム速報刃


 それに対する、彼の返しは、中国のミツバチの話でした。

 写真を載せます。

中国のミツバチ.jpg

 
 こええーー!!
 
 なんだよ、この凶悪さは!!
 
 ほんとに、蜜集めるのか、この蜂は!!

 あまりの怖さに、

 「刺されると痛いの?」

 と、間抜けな質問。

 「何でそんなこと聞くの?興味があるってことは、昆虫を研究しているのか?」

 と、ずれた返事が返ってきました。

 やっぱり、この辺文化差なのでしょうね。

 とりあえず、オオスズメバチの写真を送って、「40mmの大きさがあって死ぬことがある」と説明。

 写真のミツバチは、70mmはあるから、もっといたそう。
 
 でもミツバチはおとなしいから、どうなのかなと。

 今日、チャットで質問してみます。

 返事がありましたら続報を載せますので、お楽しみに!!

posted by daichan at 21:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | すごい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: