RSS取得

2015年07月07日

100社中96社が「景気拡大」。過半数の企業がボーナスもアップしちゃうよ!!

 朝日新聞が1〜12日におこなった主要100社への景気アンケートで、国内景気の現状を拡大しているとみる企業が、96社にのぼった。回復のペースは緩やかとの見方が大勢だが、拡大を選ぶ企業が9割を超えるのは、リーマン・ショック前の2006年6月調査以来、9年ぶり。夏の一時金が昨夏より増えると答えた企業も、54社あった。

 調査は年2回おこない、原則として経営トップに面談している。国内景気の状況では「拡大」を4社、「緩やかに拡大」を92社が選んだ。前回の14年11月調査では「拡大」はゼロ、「緩やかに拡大」は56社だった。円安もあって輸出企業を中心に業績が上向いており、個人消費の底上げや設備投資にも結びついていると判断しているようだ。拡大とみる根拠を二つまで選んでもらったところ、「企業収益」が60社で最も多く、「個人消費」42社、「設備投資」27社、「雇用情勢」が26社と続いた。

 ソース:朝日新聞様


 長かった冬も終わり、ようやく日本にも春が訪れたのでしょうか?
 政府も日銀も強力に景気回復への後押しをしておりますし、5年後にはオリンピックも控えています。
 そういったイベントを背景に、民間からも「緩やかではあるが拡大している」という声が圧倒的多数を上ってきています。
 その裏づけとして、「企業収益」「個人消費」「設備投資」「雇用情勢」と健全な根拠。
 これがこれからの日本経済を、強力に推し進める原動力になることを管理人は期待しています。
posted by daichan at 22:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。