RSS取得

2014年11月27日

急な解散で、選挙カーの需要増!!

選挙カー.gif 12月の総選挙に向け、各地で選挙カーの「争奪戦」が起きている。選挙カーの製作やレンタルを手がける「車工場」(横浜市鶴見区)では、解散風が吹き始めた今月12日ごろから貸し出しの問い合わせが急増。用意していた15台はあっという間に予約で埋まり、通常の車を「選挙仕様」に改造する作業を急いでいる。
 降って湧いたような突然の解散ムードに、各陣営は迅速に反応した。「選挙カーはまだありますか」。21日の衆院解散までに、同社に寄せられた問い合わせは30件を超えた。樋高準一社長(60)は「今は注文が来ても『ないものはない』とお断りしている。製造の受注も3台分あるので、突貫工事で間に合わせたい」と苦笑する。
 工場内では、拡声器や金属製の台を車体に取り付ける作業が着々と進む。候補者名を掲げず、政党名だけをアピールする街宣車としてなら公示前でも使えるため、各陣営からは「一日でも早く引き渡してほしい」と頼まれているという。
 大阪府や神戸市の業者も「注文が殺到してパニック状態だ」「休日返上で作業しないと間に合わない」とうれしい悲鳴を上げる。岡山市の自動車工場の担当者は「急な選挙だったので、看板のデザインなどを事務所とやりとりしながら急ピッチで改造を進めている」と忙しそうに話した。 

 ソース:時事通信

 「注文がきても断らざるを得ない」とか「休日返上」、「突貫工事」、「うれしい悲鳴」。
 最近聞かない、景気のいい言葉ですよね。
 これが一社だけでなく、大阪、神戸、岡山と日本各地で聞かれているというのがさらに好感度の高い話です。
 バブルのころは異常だったとはいえ、この言葉が日本中のあちこちで聞かれたものです。
 栄養剤のCMで「24時間戦えますか?」のキャッチフレーズが大ヒットしたり、働けば働いただけ残業代フルで出た時代でした。
 あの異常なまでの好景気に戻ってほしいとまでは思いませんが、もっと頻繁にこの言葉の入ったニュースを皆様にお届けできたらと思います。
 
 
ニュース全般 ブログランキングへ
posted by daichan at 12:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気のいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック